断食中は、なぜ体調が悪くなる?

断食中は、なぜ体調が悪くなる?

断食(ファスティング)中は、だるい、眠い、頭痛、胃痛、吐き気など、人によってさまざまな体調不良的症状がでやすくなり、それらの症状を「好転反応」と言います。
好転反応は断食につきものの体の自然な反応です。 あわてず、怖がらず、あなたの症状にあわせて対応してください。

どうして体調が悪くなるの?

断食はどうして体調が悪くなるの?

断食によっておきる体の様々な反応を「好転反応」と言います。
主な症状には、吹き出もの、頭痛、肩こり、腰痛、吐き気、嘔吐、めまい、のどが腫れるなどがあります。これは次のような理由からおこります。

1、崩壊した細胞が血液になだれ込む。
2、肝臓から小腸にも、崩壊した細胞の物質がなだれこむ。
3、断食中の新陳代謝の過程で、炎症反応がおこる。

体に溜まっていた毒素や有害物質、老廃物が、血液中に押し出される過程で、好転反応が現れるのです。

好転反応は出る方が良い?出ない方が良い?

好転反応の出方

一般的に、細胞便秘(細胞膜・細胞内が汚れている状態)がひどい人や不摂生な食事をしている人ほど強く出ます。また、忙しくて体力が低下している人、肉や脂肪の多い食事を続けてきた人、食品添加物や加工食品を長くとり続けてきた人、もともと痩せている人、初めて断食する人は、好転反応が強く出る傾向があります。
逆に、細胞便秘が少ない人ほど症状が出ないか、弱くてすみます。ごく少数ですが、好転反応が全くでない人もいます。

好転反応は、断食するほとんどの方に何らかの形で出るものなので、あわてなくても大丈夫です。毒素が体外に出れば症状は治まります。むしろ、好転反応は断食に体が反応している良いサインと理解し、どんどんデトックスしましょう。

人間本来の免疫を見つめ直す 鶴見式 水素

鶴見式水素

鶴見式 水素は、鶴見式酵素栄養学の第一人者で、免疫治療を専門とする鶴見隆史医師が開発しました。 人間が本来持っている免疫を見つめ直し、内側からイキイキとキレイを目指す免疫治療や代謝医療の現場でも使用される、非常に信頼性の高い水素サプリです。

鶴見式水素の詳細はこちら