発酵食品で酵素を補給

発酵食品で酵素を補給

日本の調味料は最高の健康食品

「納豆は体に良いから毎日食べています。」という方は多いと思います。
これは確かに良い事です。納豆以外にも、漬物、キムチ、ピクルスなども生野菜に加えてどんどん食べて良いものです。 納豆、キムチ、ピクルスに共通している事は、すべて発酵食品であるということです。

発酵食品とは、食材を菌や酵母などの微生物で発酵させた食品のことですが、その発酵の過程でアミラーゼやプロテアーゼ、リパーゼなど多くの消化酵素が発生します。つまり、酵素を補給するのにとても有効な食品なのです。さらに必須アミノ酸やビタミンB群なども多く含み、健康づくり全般に効果があります。

日本の調味料は最高の健康食品

日本人には欠かせない調味料である醤油、味噌、みりん、酢なども代表的な発酵食品のひとつです。和食は2013年11月にユネスコの無形文化遺産に登録されましたが、こうした日本の発酵食品文化も間違いなく世界に誇ることができます。 生野菜とフルーツ、そして発酵食品をベースにした食生活は確実に長寿につながるので、毎日の食事にどんどん取り入れていきましょう。

日本古来の穀物から生まれた食物酵素

鶴見式酵素

鶴見式酵素は、鶴見式酵素栄養学の第一人者で、免疫治療を専門とする鶴見隆史医師が開発しました。 現代人は、加熱食や加工食品の摂取割合が多く慢性的な酵素不足になりがちです。鶴見式酵素は、日本古来の穀物より食物酵素を抽出し共に働くさまざまな栄養をバランスよく摂取できるよう配合し生まれました。

鶴見式酵素の詳細はこちら