腸内環境を整え、酵素を活性化

腸内環境を整え、酵素を活性化

食物繊維と発酵食品にも免疫力アップ効果が!

善玉菌の多い腸にするためには、酵素をとることだけに躍起になるのではなく、食物繊維と発酵食品の助けを借りる事も大切です。 食物繊維は消化されることなくそのまま便として排出されるので、便のかさを増して便秘になりにくくします。便秘をすると、腸内に長時間便が溜まることになるので、腸内で異常発酵が起きて体に有害なガスを発生させる原因となり、肌荒れや病気を招いてしまいます。食物繊維は加熱調理する際にうまく活用するとよいでしょう。

発酵食品

しょうゆやみそ、納豆やキムチ、梅干しといった発酵食品には乳酸菌が豊富です。植物性の乳酸菌は胃酸によって死滅することなく生きたまま腸に届くため、善玉菌を増やして活性化することができます。食べるだけで善玉菌を増やせる発酵食品を意識して食べると酵素を強力にバックアップしてくれます。

酵素の働きを助ける食物繊維で腸を一掃
食物繊維は穀類、イモ類、豆類、野菜、くだもの、きのこ、海藻などに多く含まれます。皮や殻などに多く含まれているので、皮をむかずに調理すると多く摂取できます。穀類では白米よりも玄米、精製した小麦粉よりも全粒粉により多く含まれています。動物性の食べ物にはあまり含まれていません。

食物繊維には水溶性と不溶性がある

食物繊維には、水に溶ける水溶性と水に溶けない不溶性の2種類があります。 水溶性はくだものや海藻、イモ類に多く含まれ、水に溶けてゲル状になってコレステロールを吸着してコレストロール値を正常化したり、中性脂肪や糖質の吸収し抑えたりします。

不溶性食物繊維

不溶性は穀類や野菜、豆に多く含まれ、水分を吸収してふくらみ、便のかさを増やします。また、腸内で善玉菌のエサとなって善玉菌を増やします。 特徴は異なりますが、腸の環境を整えるという点ではどちらも重要な成分です。酵素とともに意識してとってください。

酵素の働きを助ける発酵食品で善玉菌を増やす!

日本の食卓には発酵食品がいっぱい。下記以外にもかつお節や漬物、魚醤なども発酵食品です。毎日の食事に取り入れて優れた腸内環境を目指してください。

発酵食品
納豆、キムチ、ピクルス、ザワークラフト 等の漬物

発酵調味料
醤油、味噌、酢、黒酢、塩麹、みりん、魚醤 等

なかでも、一番優れた発酵食品は納豆。浄血作用や体内に侵入した悪玉菌を溶かす成分も含んでいます。よく混ぜてネバネバを増やすと、酵素量も増えます。

長期保存できる「種子」に要注意

生の種子には酵素の働きを阻害する「酵素阻害物質」が存在しています。植物の種子はうまく成長するために水分や温度が一定の条件にならないと発芽しないようになっています。種子にとっては素晴らしい物質ですが、私たちが生のまま食べると酵素の働きをじゃまするばかりか、体内酵素を減らしてしまいます。

酵素阻害物質

ぶどうやみかん、すいかなどの種は必ず取り除いてください。玄米や豆は12時間以上、水に浸すと酵素阻害物質が無くなります。ただし、玄米を圧力鍋で炊くとアクリルアミドという発ガン物質が発生するので要注意。 ゴマやナッツはしっかり加熱した物を選んでください。