様々な消化酵素

様々な消化酵素

体内で働く酵素には様々な種類があるのを知っていますか。 口から入った食べ物がどの様にして消化・吸収されていくのかを見てきましょう。

消化酵素は主に炭水化物、タンパク質、脂質を消化する

消化は口の中から始まるのを知っていますか?
口の中で食べ物をよく噛むと、唾液の中に含まれる唾液アミラーゼによってでん粉が大まかに消化され、食道を通って胃へ送られます。胃の上部では食物酵素によって事前消化が行われ、下部に下りてからは、ペプシンと胃酸でたんぱく質を分解、消化します。また、胃のぜん動運動により、その他のものも撹拌され、ドロドロの粥状に消化されます。

小腸で本格的な消化開始。栄養が吸収され、全身へ

胃から小腸に送られると、小腸内部と膵臓からアミラーゼ、リパーゼ、トリプシンなど様々な消化酵素が分泌され、炭水化物やタンパク質、脂質を本格的に分解、消化します。
ここまでの消化工程がスムーズであれば、栄養素は小腸の微細な穴から体内に吸収され、血液を通じて全体にまんべんなく運ばれます。
そして体の新陳代謝や免疫力があがり、肥満、老化、病気知らずの健康体が手に入るのです。

器官 酵素 働き
口(唾液) 唾液アミラーゼ(α-アミラーゼ) 炭水化物の分解を大まかに行う
胃の下部 ペプシン タンパク質の分解を大まかに行う
リパーゼ 脂肪を分解できる柔らかさにする
レンニン(凝乳酵素) 乳製品の消化を大まかに行う
小腸 アミノペプチターゼ タンパク質をホリペプチド(多くのアミノ酸がペプチド融合した化合物)にする
ジペプチターゼ タンパク質をジペプチド(加水分解して2個のアミノ酸分子を出すペプチド)にする
ラクターゼ 乳糖(ラクトース)をブドウ糖とガラクトースにする
ホスファターゼ 脂肪のリン酸塩をやわらかくする
マルターゼ 麦芽糖(マルトース)をブドウ糖にする
スクラーゼ ショ糖(スクロール)をブドウ糖と果糖にする
膵臓 アミラーゼ でんぷんをブドウ糖にする
キモトリプシン ポリペプチドを分解し、アミノ酸にする
リパーゼ トリグリセリド(中性脂肪)を脂肪酸に分解する
トリプシン ポリペプチドを分解し、アミノ酸にする

日本伝統の発酵食から生まれた乳酸菌

鶴見式SP乳酸菌

「鶴見式SP乳酸菌」は、その鮒寿司を発酵させる「乳酸菌の働き」に着目。乳酸菌の中でも特に有用な働きを持つものを選び出し、「SP乳酸菌」として凝縮されました。

鶴見式SP乳酸菌の詳細はこちら