フルーツの果糖は健康食材

フルーツの果糖は健康食材

「フルーツは糖分が多いから、食べると太る」と言って食べない人がいますが、これはかなりもったいないことです。なぜなら、フルーツは非常に優れた健康食材だからです。

これほどの優秀食材はめったにない

まずフルーツの糖分ですが、果糖の多いもの、ブドウ糖の多いもの、ショ糖の多いもの、この3つの糖分が満遍なく混ざったもの、といろいろあります。例えば富有柿などは果糖とブドウ糖が1対1で、ショ糖はないに等しいフルーツのひとつですが、ビタミンCやミネラル、ファイトケミカルが豊富なので、体にとって非常に有益といえます。

しかもフルーツの中身の80~90%はミネラルを含む良質な水分で、糖分は全体の10%前後。例えば1切れ120gのメロンなら、糖質はそのうちの11%程度です。何kgも食べるなら糖の害があるかもしれませんが、この程度の量なら問題はありません。しかも甘いのに糖化度(AGE)は極めて低い。AGE値が1,000ku以上だとかなり糖化しているとされますが、メロンは20ku、バナナに至っては9kuしかありません。ソーセージが6,700ku、ワッフルが8,500kuですから比較にならないほど低いのです。

今はGI(糖化指数)が低いほど健康に直結すると言われる時代。その意味でもフルーツは理想的抗酸化食物といえます。よほど食べ過ぎない限り、太ることもまずありません。

日本古来の穀物から生まれた食物酵素

鶴見式酵素

鶴見式酵素は、鶴見式酵素栄養学の第一人者で、免疫治療を専門とする鶴見隆史医師が開発しました。 現代人は、加熱食や加工食品の摂取割合が多く慢性的な酵素不足になりがちです。鶴見式酵素は、日本古来の穀物より食物酵素を抽出し共に働くさまざまな栄養をバランスよく摂取できるよう配合し生まれました。

鶴見式酵素の詳細はこちら