日本人は二日酔いしやすい

日本人は二日酔いしやすい

「お酒に弱い人、強い人の違いは酵素が関係している」
これは一般的によく知られている「酵素の常識」で、間違っていません。 そしてもっというなら、日本人を含む黄色人種は全体的にお酒に強くない傾向があります。理由は「ALDH」という酵素の持ち合わせが基本的に少ないからです。

分解酵素が基本的に不足

ALDHは、二日酔いにも大きく関係します。
お酒を飲むと、アルコールは胃と小腸上部で吸収され、肝臓に運ばれます。すると肝臓でADH(アルコール脱水素分解酵素)がアルコールをアセトアルデヒドと水素に変えます。アセトアルデヒドは悪酔いを引き起こす有害物質。それをALDH(アセトアルデヒド脱水素酵素)が無害な酢酸と水素に変えるのです。ここで完全にアセトアルデヒドを無害にすることができれば、二日酔いも防ぐことができます。

ところがALDHの能力には個人差や限界があり、一般的な目安として体重60Kgの人が分解できるアセトアルデヒドの量は1時間に7g程度(日本酒36ml、ビール210ml程度)。たくさん飲むほどにアセトセルデヒドの分解に時間がかかり、翌日まで酔いを引きずることになるので、飲み過ぎには気を付けてください。

鶴見式 酵素鶴見式酵素は、鶴見式酵素栄養学の第一人者で、免疫治療を専門とする鶴見隆史医師が開発しました。

日本古来の穀物から生まれた食物酵素
現代人は、加熱食や加工食品の摂取割合が多く慢性的な酵素不足になりがちです。鶴見式酵素は、日本古来の穀物より食物酵素を抽出し共に働くさまざまな栄養をバランスよく摂取できるよう配合し生まれました。

日本古来の穀物から生まれた食物酵素