タバコはアンモニア群の塊

タバコはアンモニア群の塊

「タバコは百害あって一利なし」と、誰もが知っている常識ですが、それでも嗜好品としてタバコをやめられないという人はまだまだ多いようです。

タバコは毒素を吸うのと同じこと

タバコの煙に含まれる発ガン性物質は60種類以上、化学物質は4000種類以上に及びます。その猛毒の中で最も多いのは、なんとアンモニア群で副流煙の45%もしめます。つまりこの煙を吸うということは大量のアンモニアを吸い、毒素を吸うことになります。これらの物質は肺や気管、咽頭などのガンを引き起こす直接的な要因になるだけでなく、腸の中の善玉菌を殺し、悪玉菌を増やします。腸内環境が悪化することで、うつ病や糖尿病、胃潰瘍、心筋梗塞などさまざまな病気につながります。

さらにタバコの煙は体内の活性酸素を増大させ、免疫システムを破壊し、ガン細胞やウイルス感染細胞を攻撃するNK細胞の働きも低下させます。
そして絶対に忘れてはならないのは、タバコを吸わない周囲の人まで受動喫煙で健康を損なう可能性があることです。

原材料の魚から厳選

Unnamed No.9

天然カタクチイワシ100%
「いつ、どの漁場で獲れたイワシなのか?」 有毒物質(水銀などの重金属やダイオキシン)の汚染・蓄積が殆どない、安心で良質なカタクチイワシを厳選し使用しております。

鶴見式 サーディン プレミアムの詳細はこちら